パッと開いたページに、あなたのかけがえない今日をさらに輝かせる開運言葉。
人類に古くから伝わる「ビブリオマンシー」(書物占い)の成果を、ほぼ毎日あなたにお届けします。
ビブリオマンシーとは、パッとめくった本の1行に、必要なメッセージが現れるという占術で、タロットカードの源流ともされています。
「今、私と皆様に必要なメッセージをください」とお祈りしてから、大好きな本を開いています。

3月5日の開運言葉
 
世界にはあなただけがいて、
あなた以外のものは全て幻であり、
あなたの想像に過ぎないとしたらどうでしょうか?

本棚の前に立っていると、本の方から「今のあなたに必要な本は私ですよ」とばかりに、アピールしてくれるときがあります。

本屋さんでも、自宅でも・・・(笑)万物は生きているって本当らしいです。

今日は、この本でした。

「宇宙からの手紙」マイク・ドゥーリー著
山川紘矢・山川亜希子翻訳 角川文庫

画像: 3月5日の開運言葉 世界にはあなただけがいて、 あなた以外のものは全て幻であり、 あなたの想像に過ぎないとしたらどうでしょうか?

あ、これも山川紘矢先生と山川亜希子先生ご夫妻の翻訳書ですね。そういえば、今度の夏至の日に、山川先生ご夫妻と西田が登壇するイベントがあります。

それはさておき、この本の著者のマイク・ドゥーリーさんは、世界的なベストセラー「ザ・シークレット」に登場する賢者として知られています。

この本には、私たちの「内側にある本質」を覚醒させてくれるような、刺激的な言葉がいくつも記してあるんですよね。

世界にはあなただけがいて、
あなた以外のものは全て幻であり、
あなたの想像に過ぎないとしたらどうでしょうか?

この冒頭の文章はこうやって続くんですよね。

もし、あなたの人生に現れる人は、あなたの思考によって引き寄せられたり、消えたりしているとしたらどうでしょうか?
そう考えた方が、「限界はない」ということの本当の意味をつかみやすくなりませんか?

この文章を読んでいて、自分が子供の頃、全く同じことを考えていた・感じていたことを思い出しました。

「目を閉じて、開いたら、その度に、自分が想像=創造した世界が誕生しているだけで、

実際には何もない空っぽの世界なんじゃないか」なんてね。

そういう小学生でした。うん、喘息で寝込んでいるときに、そんなことを考えていたかもしれない。

40年近く経った今夜、その時のことを思い出すなんて、人生はなんとも不思議な魂の冒険です。

あなたに届く言葉を見つけるために本を開いたこの瞬間に、いろんなことが圧縮されて存在しています。

さて、あなたはどう思いますか?

この世界は本当にあるんでしょうか?

それともあなたは宇宙にたった一人の創造主で、あなたがこの次元を去るとき、この宇宙も一緒に消えるのでしょうか?

どーっちだ?

答えは…

どっちでもいいのかもしれませんね。(笑)

自分の内側に全ての力があると考えた方が、ある意味では、人生の運転席にしっかりと座ることができるでしょう。

実際、意識がいろんなことを作り出していると思います。

ただ、それだけでは、もしかしたら、ちょっと、つまらないかもしれません。

僕は、小学校高学年の時に、かわいい黒い犬のクロを飼い始めたんです。

ちょっとおバカな(ふりをした)犬でしたね。

僕が小学校から帰ると、尻尾をたくさん振ってくれて、飛び跳ねて、僕の手をペロペロ舐めてくれました。

その時、世界には、僕だけじゃなくて、「温かい何か」が確かに存在するんじゃないかって、そんなふうに感じ始めた気もするんです。

クロという他者を発見した頃から、僕は元気になり、喘息はよくなっていきました。

あなたは創造主と直結する存在。

これは間違いありません。宇宙の誕生までたどれるルーツを、私たちは例外なく持っています。

で、あなたは、もしかしたら創造主そのものなのかもしれませんね。

あなたの意識こそがこの世界を作り出したのかもしれません。

だとしたらなんとすばらしいことでしょうか。

あなたは、あなたのことを限りなく愛してくれて、あなたが限りなく愛することのできる、

そういう存在も作り出せた、と言うことになります。

あなたに感謝します。

画像1: もし、あなたの人生に現れる人は、あなたの思考によって引き寄せられたり、消えたりしているとしたらどうでしょうか? そう考えた方が、「限界はない」ということの本当の意味をつかみやすくなりませんか?

はい。

そんなことを、確定申告の準備で、顧問税理士さんに提出する書類を一生懸命準備しながら、深々と感じたのでした。進んで納税、明るい日本。

この宇宙の作者は、コメディー作家でもあるんだなぁ。

あなたのかけがえない日々が、ますます輝きますように。

あなたが「魂の望み」を叶えていくことを、いつも応援しています。

(西田普)

画像2: もし、あなたの人生に現れる人は、あなたの思考によって引き寄せられたり、消えたりしているとしたらどうでしょうか? そう考えた方が、「限界はない」ということの本当の意味をつかみやすくなりませんか?

西田普(にしだあまね)
1972年、東京都生まれ。早稲田大学卒業。作家、(株)光出版 代表取締役。月刊『ゆほびか』編集長を務めるとともに、 季刊誌『ゆほびかGOLD幸せなお金持ちになる本』を創刊し、編集長を兼務(〜2019年9月、ともにマキノ出版)。書籍ムックの企画編集も手がけ、累計部数は300万部を突破。健康・開運をテーマしたブログがアメーバ人気ブログランキング「自己啓発ジャンル」で1位を獲得。現在、アメーバオフィシャルブログ・プロフェッショナル部門、月間のアクセス数は315万。物語創作がライフワークで、第1作の「あなたがお空の上で決めてきたこと」(永岡書店)が好評を博している。ブログ「自然に還れば、健康になるでしょう」https://ameblo.jp/toru-nishida/

This article is a sponsored article by
''.